« ゴーン事件とアライアンスの将来 | Main | 明けましておめでとうございます。 »

冬至、クリスマス 大納会へ

 冬至の日の午後、コメを散歩に連れ出したとき、明るく輝く夕陽を全身に浴びながら、   あー!明日からまた日一日と陽が長くなるのだ!と突然、啓示に打たれたように感じたことがありました。
 
 冬至からクリスマスにかけての空と雲です。

Dsc_0387_3

Dsc_0391

 
 明日からまた、日一日と陽が長くなると考えると本当に心が躍ります。

 そういえば、クリスマスというのも元々は北欧の蘇えりの祭りだったそうで、北欧では冬至後の最初の夜が新しい年の始まりを意味していたということを、今朝NHKで「チコちゃん」がしゃべってましたね。

 東京タワーも60歳の誕生日できれいにライトアップされています。

1546057724195

 

 先週は、スターリジャパン社の10周年記念のクリスマスパーティに招かれて一言お祝いの言葉を述べてまいりました。
 10周年といえば10年前は、まさに100年に一度といわれたほどの金融危機、リーマンショックの年でした。
 「スターリジャパンの方々にもいろいろ曲折がある中で、10年たってこれほどにも大きな会に成長してくださるとは本当に感無量のものがあります、心からおめでとう、またありがとうございます。」というようなことを申し上げました。

061_002sj10_1

5062_002sj10

 昨日は大納会で、東京株式市場は日経平均は、かろうじて20000円台に踏みとどまったようです。
 年明けからはTARZAN誌への「i’m Protein」の出稿も始まりますし、年明けの市場がどうなるかとても気になるところです。願わくはあと1~2年、新規事業の「i’m Protein」がお客様がたにしっかり支えらるくらいまで、持ちこたえてほしいというのが先日までの願望だったのですが、なかなかそうはいかないかもしれません。そうなったらそうなったで、耐え方を考えていくのも新年を迎える準備の一つとかんがえています。

 みなさま、良いお年をお迎えください!

|

« ゴーン事件とアライアンスの将来 | Main | 明けましておめでとうございます。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ゴーン事件とアライアンスの将来 | Main | 明けましておめでとうございます。 »