« 一年で一番気持ちのいい季節 | Main | アメリカ中間選挙と新規事業 »

母乳の仕組みで作られた大人のためのプロテイン

 私たちORTは、30年近く、母乳の仕組みを食品に応用することを研究してきました。

 その研究の成果の一つが、台湾SMBI社との合弁で立ち上げおかげさまで晴れて10週年を迎えましたスターリジャパン社の「サステナ」の事業です。
 「サステナ」は母子免疫の仕組みそのもので作られたミルクです。
 
 しかしながら母乳は、赤ちゃんの体を守る免疫の仕組みであるだけでなく、実は赤ちゃんの体を作るプロテインでもあります。母乳が赤ちゃんの体を守り、体を作るプロテインなら、その同じ仕組みで大人のためのプロテインも作れないものか?
 「アイムプロテイン」はこういう想いで開発されました。
 「アイムプロテイン」はホルモン剤や化学飼料を使用せず、年一回の自然なデアリー・シーズンにしか搾乳されない、完全なGRASS FED MILKのトータル・プロテインです。
 
 私たちがこの7月に行った調査でも、何らかのトレーニングに励んでいらっしゃる方々は男女を問わずますます増えてきています。それも、若い人のみならず最近は60代以上の方々でトレーニングに励む方が顕著に増えているようです。当然トレーニング用のプロテインの需要も増えています。
 しかしプロテインは本当に体を鍛えるためだけのものでいいでしょうか?
 体を鍛えることがかえって体を損なうケースがありはしないでしょうか?
 
 私自身、50代の半ばでぎっくり腰を患って以来それまでのランニング中心から、ベンチ・プレスやダンベル・ローイングなどの筋トレ中心に切り替えて20年余りになります。70代になってからベンチ・プレスの生涯記録を塗り替えたなどと言っては家族のひんしゅくを買っていましたが、実は正直なところ、腰とか肩とか体のあちこちを痛めていない日が少ないくらいなのが実情でした。手前味噌ですがそれがこの「アイムプロテイン」をモニターし始めてから3か月余り、徐々に痛みの頻度、強さともに軽減し回復までの時間も短くなったように思います。
 
 おかげをもちまして今日発売の「ターザン」のニュースページに取り上げていただいて話題になっています。

Tarzan20181122_2_2

Tarzan_20181122_2

 またWEBにも多数記事が出ていますが以下は代表的なものです。
 

|

« 一年で一番気持ちのいい季節 | Main | アメリカ中間選挙と新規事業 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 一年で一番気持ちのいい季節 | Main | アメリカ中間選挙と新規事業 »