« June 2017 | Main | August 2017 »

灯篭流し

 灯篭流しは、仏教伝来以前からある魂迎え魂送りの行事の一つで我が家ではお供えした茄子や胡瓜と一緒に流します。
 
 全国的には盂蘭盆の行事ですが、ここ東京では新暦のお盆7月の13日から16日の最終日の夜に行われます。

1500207528662

 篝火の影しうつればぬばたまの夜河の底は水も燃えけり    紀貫之

1500207533167

 

 水上も荒ぶる心あらじかし波も夏越の祓しつれば         伊勢大輔

|

「サステナタイトル表彰式in九州」

 東京の空梅雨とは打って変わって九州北部では死者行方不明者40人以上というまことに痛ましい大豪雨被害が出ています。まことに痛ましいことです。

 事情で私自身は出席できなかったが、その豪雨にもかかわらず「サステナタイトル表彰式in九州」が開催され、100名近い会員の方々にお集まりいただきました。

 ダイアモンド表彰を受けられた川内さんの晴れやかな挨拶です。

Photo
 その川内さんを囲んで受賞者の方々と大谷さんです。

Photo_2

 川内さんは、二年前、NZ研修のとき「私は必ずダイアモンドを取ります」と、力強く宣言されての実現ですから自他共に思い一入の感がありますが、
 「これからが本当の出発です」と頼もしい挨拶をされていました。

 

|

空梅雨の梅雨明け

 一昨日、梅雨明け宣言が出されたが、宣言されるまでもなく東京に限っては、今月はじめからゲリラ豪雨以外梅雨らしい梅雨はなく、文字通り空梅雨だったからいささか、今さらという感が否めません。
 空梅雨の今月はじめの、有明の七階から見た夕焼けです。

1499222030330

1499222030208

|

他山の石

 首相のの最大の功績は、何と言っても私たち企業経営者にも、トップとはどうあるべきか、トップはどうあってはならないか、ということを篤としっかりお教えいただいたことだろう。
 こういうのを「他山の石」というのか、「反面教師」というのか。
 あるいは「○○のふり見て我がふり直せ」というのだろうか。
 ともあれトップたるもの、ペラペラペラペラと勝手に喋りまくってプイと横を向いてしまう仕草とか、「はっきり申し上げたい」とか、「断じてありえない」とか、「一切関わっていない」とか妙な断言命題に力瘤を入れるとか、やたら「改革」とか「革新」とか「チャレンジ」とか軽い言葉を多用するとかは、しない方がいいなー、と教えられるのである。
 一国の首相と一私企業のトップとでは全く比らぶべくもないのを承知の上でいうのだが、私なんかがトップとして社内外に心がけていることの一つは、間違ったことに気づけば自ら訂正し必要なら謝罪もするだろうということ、また自分と違う意見があれば特に尊重しよく耳を傾けてその真意を知ろうとすることである。(本当にできているか!?)
 経営会議で決議すれば自分の意見を押し付けられるなんてゆめゆめ考えられない。
 閣議決定とやらで「○○は私人である」とか、「<そもそも>の語義は○○だ」とか、シロをクロと言いくるめるようなこと、まことにおぞまししいではないか。

 首相の二つ目の大きな功績は、我が国の保守と革新についての永年の謎にようやく答えを出してくれたことだ。
 我が国ではここ四半世紀、革新=ヒダリよりの人たち、保守=ミギよりの人たちという図式の常識が全く通用せず、むしろミギよりと思われる人たちが革新とか改革とかを声高に唱え、従来ヒダリと思われていた人たちがむしろ保守的に抵抗したり、という典型的なネジレと思われる現象が何故か起こっていた。
 端的に言って私たち企業経営者であって都市生活者であるものは、どちらかといえば改革支持派だけどヒダリとはいえない。
 首相の存在はミギより、それもかなりウルトラなミギの人たちが実は最もグローバルな改革派であることを身をもって証明してくれた。
 そのことによって改革派はミギにもヒダリにもいるということ、同様に保守派もミギもヒダリもいるということを教えてくれている。
 したがってこと改革か保守かという軸で見るなら、従来のミギとかヒダリとかいう分類は無意味になることを首相は教えてくれたのだ。
 実際、私たち企業経営には、改革や革新は不可欠だし、商品開発はイノベーションそのものだが、それはミギヒダリとは関係がない。

 三つ目に、ほんの数ヶ月前70%をこえていた首相の圧倒的支持率の高さと一体何であったのか。
 いまやどの世論調査でも30%前後。この間、40数%の方々は一体どこへ行ったのか、特に若年層と女性層は。
 ここでもミギとかヒダリとかいう従来の分類はあまり役に立たないかもしれない。
 この40%もの方々の大部分はいわゆる無党派層で、10年足らず前、野党政権を支えた方々だろうと思われる。
 はっきりしているのは改革支持派(憲法改正も含めて)であっても、首相の下でのこれ以上の改革・改正を望まない、という人たちが圧倒的に増えつつあるということではないか。
 そのことによってであろうか、ヘイトの声が一時より低くなっているようにみえるがいいことだと思う。
  
 
 
 

 

|

« June 2017 | Main | August 2017 »