« 梅雨の晴れ間 | Main | 他山の石 »

サステナタイトル表彰式

 先週、渋谷エクセルホテルにて恒例のサステナメンバーのタイトル表彰式と社長講演会とが行われました。
 今回は、サステナメンバースタート以来始めて、最高位であるダイアモンドタイトル受賞者が、東京の新井寛子さんと福岡の川内節子さんと二人も誕生したのですが、その東京での新井さんへの表彰でありました。

 表彰に先立って大谷社長の講演があり、1960年代から1990年代にかけて9000人のユーザーを対象にした研究=オハイオサーベイなど、サステナの原点にかかわるお話がありました。またその後のたくさんの体験者のお話も紹介され、あらためて get back to the basicsの重要性に気づかされる思いがいたしました。

 20人近いパールの方、エメラルドの方々に続いて最後に新井さんがダイアモンド受賞者としてお話をされました。
 新井さんは、お話が苦手とか言うことで、前日一日かけて書き上げられたという何枚かにわたる原稿を読み上げられたが、生い立ちの環境から始まり、育ててくれた継母のこと、結婚離婚のこと、就職や失職、MLMとの出会いなど日ごろの物静かなお見かけとは真逆で、まことに波乱万丈のご生涯をあたかも小説のごとく振り返られるお話でした。参加者はみな大きな笑いとともに不思議な感動に捕らえられていました。
 新井さんはサステナの最も初期からのメンバーでいらっしゃるのだが、お話の白眉はもちろん8年前のサステナとの出会い以後でした。
 私(青山)自身、実はスターリジャパンが、まだ人的にも組織的にもいろいろ問題を抱えていた頃、芝のホテルのロビーにて新井さんともうお一人のメンバーさんから、心のそこからなる真摯なご助言をいただいたことがありました。以来私にとっては新井さんは特別に親しく感じさせていただいてきた方で、この日のお話はなおさら感銘深いものでした。
 また新井さん自身も、「メンバー登録してから8年の間にはいろいろなことがありました、この会社はもう本当に持たないのじゃいかと思ったときさえありました」と新井さんでなければ語れない過去のエピソードにも触れられて、参加者みなの感銘を呼んでいました。

 新井さん、
 新井さんのグループのみなさま、本当におめでとうございます!またありがとうございました。

Img_1985

  来年、再来年にはこの方々の中からかならずや第三、第四のダイアモンドタイトル受賞者が産まれていらっしゃることでしょう。

 

 

|

« 梅雨の晴れ間 | Main | 他山の石 »