« April 2017 | Main | June 2017 »

ロシアンゲート

   海の向こうではトランプ大統領にロシアンゲート疑惑が再燃して、ブレナン前CIA長官の議会証言に続いて来週にはいよいよコミー前FBI長官の議会証言が行われるようだ。

 我が国のカゴイケゲートでは、籠池前理事長に対する助成金詐欺事件という矮小なところに問題を落とし込んで幕引きが図られようとしているようだ。
 田村財務省国有財産室長の籠池氏との面会テープまで公開され、とうとうあの佐川理財局長が予算委員会で「本物だ」と認めた、にもかかわらず。.

 しかし一方で今週、カケイゲート事件で前川前文部科学次官の「総理のご意向」証言(週間文春・朝日新聞)が飛び出してきて、こちらの方は規模から言っても先行のカゴイゲートの軽く10倍をこえるものだから、まだこの先何が起こるかわからない。

 巻く引きされかかっているとはいえカゴイケゲートで私たちに分かったことは多い。

 第一に、首相が能弁にぺらぺら喋れば喋るほどその言葉の端にひょいひょいとウソが吐き出される、ということだ。
 そのことの極め付けが実は、「私や妻が関係していたということであれば、間違いなく総理も議員も辞めるとはっきり申し上げたい!国有地払い下げに一切かかわっていない!」という例の断言命題だ。これなんか、自分の「未来に向かってウソをつく」典型といえる。、政治家に限らず一般にヒトが、こういう不自然な断言を口にするとき大体は怪しい、という私たちの日ごろの常識はここでも確かめられる。

 第二に、「戦後レジームからの脱却」を掲げてきた首相が右寄りということは前から知られたことだし、私たちもが一定程度それを支持してきた、しかしその右寄りは、どちらかといえばソフトな右派と思われていたのではないか。ところが、カゴイケゲートの一連の報道で明らかになったことは、首相夫妻がソフトどころか相当いっちゃってる右派、ウルトラ右派、原理主義的といってもいい右派活動家だということがはっきりしてきたことだ。
 血筋と見栄えが良く、人気度の高い首相は、同じ原理の活動家集団にとって千歳一隅のチャンス、希望の星なのだ。

 第三に、首相の支持率の高さ、特に20代の若年層での60%強の高さである。これを今の若者のどこにも行き場の無い閉塞感、窒息感で説明する議論がある。
 確かに今の時代、今日より明日のほうが良くなると信じられている若者はあまりいないのではないか。失われた四半世紀、デフレ、非正規雇用、超高齢化など陰鬱で窒息しそうな話題に事欠かない。若者は首相ならこの行き場の無いどん詰まりの状況に、何でも良い打開の穴を開けて捌け口を作ってくれるだろう、と期待をかけているのか。
 こういう逼塞した状況を第一次大戦前のヴェルサイユ体制下のドイツの若者になぞらえて見る見方もある。
 確かに反首相、反政府よりの言説に対する激しい攻撃の炎上は、フィジカルでないとはいえ親衛隊のテロに似ていなくもないし、激しいヘイトスピーチは反シオニスム思想を思い出させなくもない。
 ヘイトは首相が脱却を図っている自虐史観の裏返しなのだ。
 ヘイトの出自は劣等感であり自己嫌悪なのだ。
 首相の支持率の高さは、自己嫌悪、近親と近隣への憎悪、弱い野党への憎悪、不支持への裏返しであり、表裏の関係ではないか。
  またそれは首相の、弱い野党に対する過度に見くびった態度、からかい、横柄、挑発とも表裏一体なのではなかろうか。

|

春宵の響

 今年も洗足池西岸の池月橋で、恒例の「春宵の響」が開催されました。
 毎年この時期は一年中で一番気持ちのいい季節なのですが、小満とも言ってお天気の変わりやすい時節でもあり、いつもやきもきさせられるのですが、幸い今年は辛うじて雨にならず宴を楽しみました。

 今年は6曲目に、お能の「融」をアレンジした謡・仕舞・笛・囃子・ピアノのコラボによる「六条河原院幻想」が演奏されました。

1495153975363

 ドビュッシーの「月の光」が福原徹さんの編曲で笛の曲に

1495153935413

 

|

野本亀久雄先生特別講演会at IZUMI & HAKATA

 先月、4月22日と23日二日間にわたって、スターリジャパン社と免疫抗体食品研究会の共催で、九州の出水市と福岡市にて野本亀久雄先生の特別講演会が開催された。

 野本先生は、何度もご紹介申し上げているように、1977年41歳で若くして九大医学部教授に就任された基礎医学者・免疫学者で、新しい学問として生体防御学を創始されたことで著名であり、国際的にも大きな影響を与えてきた方だ。
 いまでこそ医薬やサプリメントの世界ではごく普通に、「生体防御が大切」などといっているが、実はこの考え方は野本先生のオリジナルなものだ。
 40年前にはこんなことを言う学者は一人もいなかった。それどころか生体防御なんて怪しからんといって袋叩きにあったそうだ、「人間(の防御機構)と虫けら(の防御機構)とを一緒くたに見ている怪しからん学者がいる」と。

 しかし今や野本先生の門下生からは多数の優秀な研究者が輩出し、第一線で活躍する医学系の各大学教授は実に30人に近い。
 こ30人近くというのがどれほど凄いかといえば普通一人の大学教授は自分の後継者を一人育てれば立派といわれることからも分かる。

 この22日と23日の二日間の講演会で、野本先生は免疫ミルク「サステ」が何故私たちにとって有用なのかということにてついて、これまで以上に突っ込んだ分かりやすいお話をされた。
 それは、母乳が赤ちゃんにとって、高品質なたんぱく質という栄養と、抗体という高機能の成分とから成り立っているように、免疫ミルクは大人にとって、同様にウシ由来の高品質なたんぱく質とウシ由来の抗体成分から成り立っている。
 抗体という高機能成分で体を守り、高品質なたんぱく質という栄養成分で体を作る。
 健康食品と呼ばれるものは数多いが、野本先生自身の生体防御論にとって、これほどぴったりのものは他に無い、と。
 40年前、生体防御を理解してもらうには理論だけでなくモノとしても例証できるほうがいい、ということで模索し研究したのが免疫ミルクだった、と仰った。

   ここからいつもの「免疫力カーブ」のお話になった。
 グラフを示しながら、免疫力は寿命の半分、45歳あたりから徐々に落ち始める。落ち始めるがそれほど急激ではなく、ごくスローに落ちるので日常さほど困ることはない。
 ただ怪我や病気になると免疫力の再生・回復がどうしても遅くなる。遅くなってそのままずるずるっと免疫力が回復しないで死に至るケースがあるので要注意。
 この免疫力のもともとのスローな低下を加速するものはストレスである。
 ガンの場合も、人はガンそのもので死ぬことなんか滅多にない。ガンそのものでなくガンによるストレスで、免疫力が低下して色々な感染症や肺炎で死ぬのだ、とおっしゃった。

 生体防御という考えからは「チョウチョさんも、トンボさんも友である」と、野本先生はおっしゃる。
 何故なら生体防御はアメーバから始まって木や花も、チョウチョさんやトンボさんも、高等生物である人類も共通であり平等だから。 

 これからもう一歩進めて「流れる雲も、もの言わぬ石も友である」ということを考えて行きたい、とおっしゃった。
 何故なら雲や風、水や石など(無機的な)自然と見えているものでもほとんどが、40数億年の地球の歴史における、(有機的な)生命体の表現なのだから、と。 

 この二日間、とても印象的だったのは、ご講演後の質疑応答で、沢山の会員さんからのご質問とご相談ごとに対して、一つ一つ実に丁寧にお答えになられていて両日とも応答だけで40分にも及んだことだった。
 本当に頭が下がる思いである。
 この野本先生のご恩に報いるためにも少しでも免疫ミルクを普及させなくてはあらためて思い、会員の皆様にもお願いしたことであった。

Img_1719

Img_1733

Img_1739

 

 

|

« April 2017 | Main | June 2017 »