« 「偉大な同盟国日本」は「世界のお手本」か | Main | 真っ白な桃の花 »

主治医・北島政樹先生とのご会食

 先夜、主治医の山王病院の北島政樹先生と、赤坂辻留にてご会食をさせていただいた。

 北島先生は慶大医学部の時、私の腹部手術の執刀医で、以来主治医をしていただいている。
 私の主治医より何より医学部長時代、王貞治監督の主治医・執刀医としてよく知られているが、内外の外科学会の会長、日本学術会議副部長、NewEngland Journal of Medicine編集委員など数え切れない公職を勤められ、現在は、来月成田に開校する医学大学・国際医療福祉大学の副理事長・名誉学長をされていらっしゃる。
 そんなご多忙であるにもかかわらず、いまだに外来をお持ちになっていて、私などを診ていただいているから頭が下がる。
 この夜も患者としての私への助言はもとより、ご自身の健康法のこと、プールのこと、ボストン留学時代のドライブのことなどいろいろなお話をうかがうことが出来た。
 
 会食後お写真を、ということになったら御自らテーブルの上をお片づけ始められる飾り気のなさには、いつもながら本当にびっくりする。

 そういえば北島先生のお嬢様先生は、我が国で最初期カリフォルニア州公式ライセンスを取得されたネイルアーティストのパイオニアで、現在も日本ネイリスト協会の理事と常任講師をされていらっしゃるのだが、「ネイリストサプリ」の私たちは、こちらの面でも間接的ながらお世話になっているわけだ。

 北島先生とのツーショットです。

1487859352215

 

|

« 「偉大な同盟国日本」は「世界のお手本」か | Main | 真っ白な桃の花 »