« 台風一過の秋晴れ | Main | バースデイカード »

長くかかるだろう出口作戦の始まり

 日銀の金融緩和からは撤退しませんの発言は、事実上、長くかかるだろう出口作戦の始まりについての表現ではないでしょうか。

 今月初め、日銀の「金融政策決定会合」の後に黒田総裁が語ったという
  ①「量から金利への転換」 
  ②「2%目標実現までへのオーバーシュート」という二つの方針は、かなりはっきりとした「金融抑圧政策」への意思の表明だと思います。
 金融抑圧とは、ある程度のインフレを起こしながら金利をあたかも国有化して抑圧することを言うのだそうですから。
 ここ数年いかほど国債を購入して量的な金融緩和を続けてもなお、2%インフレ目標にますますほど遠く、さすがにこれ以上ジャブジャブ国債を買い続けることには理性のブレーキが働いたのでしょう、今春からマイナス金利という私たち普通の経営者や生活者の感覚からは全く見当もつかない政策に踏み切られた。
 しかしその副作用のひとつかどうか素人にはわかりませんが、10年物の長期債の金利までもがマイナス圏にまで下がっているのを、せめてゼロ%近くにまで金利を引き上げる(価格としては引き下げる)こと、これが①の「量から金利への転換」の意味だと専門家は言っています。
 言いかえると、長期債については今後は金利がゼロ%まで上がった(価格としては下がった)ものしか買取しませんよ、といっているのと同じで、これによって国債の買い入れ量はぐっと減らすことができるし、しかも量的緩和縮小のアナウンスなしでそれができることの意味が大きい。
 その上、②「2%目標実現までへのオーバーシュート」という、あたかも緩和継続へのコミットメントとも受け取れないこともない言い方で、実際にはほぼ半永久的に金融抑圧を続ける意思を表明されているのだと思います。

 かって「撤退」を「転進」と、、また「敗走」を「長征」と言い換えてきた例もあります。

 ま、私たち普通の経営者や生活者にとっては万が一の国債のデフォルトやそれに伴うハイパーインフレーションが一番避けてほしいところですから、そういう最悪の危機が起こらぬよういまおそらく細心の注意を払って舵取りをしてくれているだろう黒田総裁が、とても頼もしく見えてくるわけです。

 おかげさまで、この憂鬱な時代にもかかわらず、当社のお客様がたの商品と市場の開発はとても好調です。今後も、今後はますます、お客様にとってなくてはならない商品や企業活動を作って生きたいと考えています。

 秋晴れの青山通りです。

Dsc_0897

|

« 台風一過の秋晴れ | Main | バースデイカード »