« July 2016 | Main | September 2016 »

セイジ・オザワ松本フェスティバル オーケストラコンサートAプログラム ベートーベン交響曲第7番

 第一楽章と緩徐楽章とのあいだ、重苦しい長い間であった。
 第一楽章を終わり、疲れ切って指揮台を降りてヴィオラ席の前の小椅子に座り込んだ小沢征爾さんの一挙手一投足を満席のホールの聴衆全員は息を詰めて見守っていた。しわぶき一つ起こらなかった。

 その夜は登場からして特別だった。指揮者は通常オーケストラの音合わせが終わったあと一人登場するものだが、その夜の小沢さんは、三々五々登場するオーケストラ団員と一緒に何気なく登場し、近くの団員たちと握手を交わしながらゆっくりと指揮台に上がった。
 指揮はすぐ始まった。ベートーベンの交響曲 第7番。小沢さんは暗譜であった。

 第一楽章冒頭のトウッティの最強音は力強さにやや欠け、主題に入ってもなかなかリズムに乗れぬまま、時々指揮台上の椅子に腰をおろして慣れたオーケストラに進行を任せ切っているように見えた。コーダの終わり、弦に応答するホルンの響きで始めて生気を感じさせた。

 第一楽章を終わって指揮台を降り、ヴィオラ奏者から与えられた紙コップを、そっちが良いというようにボトルにり替えるしぐさなどを、満員の聴衆は固唾を呑んで見つめていた。
 咳一つない長い間を経て、再び指揮台に上がり迎えた第二楽章、「不滅の緩徐楽章」(ワーグナー)は、世界で最も美しく、弱々しくあたかも指揮者が自らを葬送するかのようであった。
 ただの一音をも聞き漏らすまいと全神経を傾けて聴いていた聴衆の多くは涙した。

 再び疲れきって指揮台を降りてボトルの水。しわぶき一つない満席のホール。長い間。
 迎えた第三楽章 スケルツオ。段々テンポが上がってくる。休みを取らずそのまま最終楽章へ。荒々しく激しい弱強弱強のロックのリズム。まさに「舞踏の聖化」そのままの指揮と演奏。 
 一二楽章とは全く人が変わったように、この最終楽章のために体力を温存していたかと思われた圧倒的な迫力の指揮でコーダになだれ込んで行った。

 終わった後さすがに疲れきられたか、各パートの主席らの手を握りながら早々に楽屋に引きこもられたが、満席のホールの聴衆全員スタンディングオベーション。
 オーケストラメンバー全員もスタンディングオベーション。コンサートマスターらが小沢さんの体を気遣って退席しようという姿勢をとるが三度、四度とコールに応えられる小沢さん。その間ホールはずっとスタンディングオベーション。
 何度目かのコールではすでに私服に着替えていたファビオ・ルイージの手を携えて登場し、聴衆のオベーションは最高潮に達し文字通り怒涛となってホールを埋め尽くした。そんな中、小沢さんはオーケストラメンバーほぼ全員と握手をして回り、満面の笑みを浮かべながら聴衆に別れの手を振られるのであった。

 一期一会とは言うものの、来年もぜひこのフェスティバルで、小沢さんの指揮を聴きたいものと思った。 

 コールに応えられる小沢さんとルイージさん

1471914869317

 会場のキッセイホール前にて

1471869738119

 

|

雲マニアの雲

 今年もまたオザワセイジ松本フェスティバルに行ってまいりました。
 ちょうど東京が台風9号に直撃されていたころ、信州はよく晴れて、雲マニアには堪えられない空と雲でした。

 八ヶ岳の雲です。もう秋です。

Dsc_0756

Dsc_0766

 

 松本から飯田に向かう途中、伊那谷の雲です。上空、巻いているのがわかります。

Dsc_0789

1472134192113

1472134238641

|

来週月曜日に迫った陛下ご自身の生前ご退位についての国民への直接のお話

 先月13日にNHKの特種という形で報道された、今上天皇が宮内庁関係者に示されたという生前ご退位のご意向は、国民の平成天皇への圧倒的な人気もあってか大きな共感を以って受け止められた。
 国民の好感を見極め、事態は急ピッチで展開し、今月8日には天皇陛下ご自身が自らのお気持ちを、録画ではあるが国民に直接語られるというところまで一気に進んでいる。
 これは宮内庁、というより平成天皇の、我が国の将来に対する並外れた危機感と、憲法の許す範囲内でのぎりぎりの行動だと思われる。

 いうまでもなく憲法上は天皇は政治的行為が禁じられている。
 そして憲法によって定められている「皇室典範」は、男系男子の天皇しか認めておらず、生前退位の規定も無い。
 もっともこの「皇室典範」自体は高々150年の歴史でしかない。

 よく知られているように皇室には現在、次々世代の男系男子では秋篠宮と紀子さまとのお子さま 悠仁さましかいない。
 今世紀はじめ女性天皇を認めるべく「皇室典範」改正の機運が高まったが「日本会議」など保守派の強固な反対運動の上に、目出度く2006年悠仁さまのご誕生があって急速に後退した。
 2010年代に入って、女性天皇ではなく、せめて女系の宮家創設を認めるべく再び「皇室典範」改正の動きがあったが、「日本会議」有力メンバーでもある安部首相の誕生で再び三たび立ち消えとなった。

 こうした硬直した議論に最も危機感を抱かれ、将来の皇室の断絶の可能性、つまり天皇制のもとでの我が国体の存続の未曾有の危機を最も恐れていらっしゃるのが実は平成天皇ご自身であったということが、今回の生前ご退位のご意向報道で、あらためてはっきりと分かったわけだ。
 生前ご退位のご意向は、立ち消えになっている「皇室典範」の改正について何らかの議論の糸口にならざるを得ない。何という深いご叡智であろうか。
 安倍首相らはこれを「摂政制」の復活などで時間稼ぎしようとするだろうが本質的な断絶の危機が少しも解消するわけではない。

 来週月曜日に迫った、天皇陛下ご自身が国民へ語られる内容は、おそらく「皇室典範」改正については直接触れることなく、いつも変わらぬ国民への思いと国事行為への責任とを淡々と述べられるであろう。そのうえで戦没者への慰霊と被災地訪問とが一段落したことを報告され、ご自身および美智子妃殿下のご年齢とご健康上の不安を淡々と語られよう。語られることは無いかもしれないが、次世代次々世代への帝王教育への予算と時間の決定的な不足など現実上の危機もほかにある、という。
 政治的行為の禁止のみでなく、基本的人権が無いに等しい陛下の現憲法下でのぎりぎりの深謀と行動であろう。

|

« July 2016 | Main | September 2016 »